information

休館日

開館日カレンダー

PICK UP

2017年(平成29年)展覧会 年間スケジュール

 冬期休館のお知らせ

 

 ウッドワン美術館は、
 2016年12月26日(月)~2017年3月22日(水)まで冬期休館いたします。

 来春の展覧会は2017年3月23日(木) より開催いたします。

  >> 次回展覧会情報はこちらから

 

 グッズ販売やお問い合わせは受け付けております。

 連絡先 電話 0829-40-3001

ウッドワン美術館は、現在冬期休館中です。次回展覧会は2014年3月21日(金・祝)より開催いたします。

※展覧会名はすべて仮称です。 ※会期および内容が変更になる場合があります。※休館日は変更になる場合があります。

 

年間スケジュール 春季展-笠間日動美術館名品展 絵画に咲く女性たち 夏季展-~樹々は生きている~ 倉本聰 点描画展~ 秋季展-タグチ・アートコレクション展 冬季展-~めぐる季節の中で~ 日本絵画の四季展

春季展-笠間日動美術館名品展 絵画に咲く女性たち

休館日:月曜日(ただし5/1 は開館)

本展では、笠間日動美術館コレクションの中から女性をテーマにした油彩画約70 点を展覧します。
主な出品作家は、近代日本洋画の巨匠・藤島武二や岡田三郎助、青木繁、竹久夢二、岸田劉生をはじめ、
中山忠彦や森本草介、渡邊栄一ら現代洋画壇を代表する人気作家たち約60 名。
古今東西、画家達の永遠のテーマである女性像。時代を超えて描き継がれる多様な女性美をご覧ください。
※当館収蔵 岸田劉生《毛糸肩掛せる麗子肖像》も公開します。

 

青木繁《二人の少女》 1909年

青木繁
《二人の少女》 1909 年

藤島武二《婦人像》1927年頃

藤島武二
《婦人像》 1927年頃

森本草介《微睡の時》1984 年

森本草介
《微睡の時》1984年

岸田劉生《麗子十六歳之像》1929 年

岸田劉生
《麗子十六歳之像》
1929 年

五姓田義松《人形の着物》1883年

五姓田義松
《人形の着物》1883 年

6月12日(月)~15日(木)の4日間 展示替えのため休館

▲ページのトップへもどる

 

夏季展-~樹々は生きている~倉本聰 点描画展

休館日:月曜日(7/17・8/14 は開館)

ドラマ『北の国から』で知られる脚本家倉本聰。
本展は、倉本氏が木と 対話するように
10 年来描き続けてきた細密な点描画約100 点を
一挙に公開する初めての機会となります。

 

夏季展-倉本聰セレクション 絵画名品選

収蔵品の中から、倉本氏の言葉とともにお気に入りの作品を展覧します。

倉本聰

倉本聰

薩摩焼《金欄手陽刻鯉文香炉》

《いたやの巨木》2009年

薩摩焼《金欄手陽刻鯉文香炉》

《自画像》2013 年

薩摩焼《金欄手陽刻鯉文香炉》

《無題》2016年

8月21日(月)~24日(木)の4日間 展示替えのため休館

▲ページのトップへもどる

 

秋季展-タグチ・アートコレクション展

【休館予定日】月曜日(9/18・10/9・11/6は開館)

タグチ・アートコレクションは、ミュージアムピースの大作が多く含まれる
国内有数の現代美術コレクションです。
本展では、その中から選りすぐった国内外の作家の作品をご紹介します。
主な出品作家は、キース・ヘリング、 アンディ・ウォーホル、草間彌生、奈良美智、鴻池朋子、
大岩オスカール、会田誠、名和晃平、ジュリアン・ オピー、ライアン・マッギンレーなど。

大岩オスカール 《氷山》 2007 年
224.7×443.2cm、タグチ・アートコレクション

大岩オスカール
《氷山》2007 年

加藤美佳《マスカット》 1997 年 ⓒMika Kato
Courtesy of Tomio Koyama Gallery /
Koyama Art Projects

加藤美佳
《マスカット》1997 年
ⓒMika Kato Courtesy of
Tomio Koyama Gallery /
Koyama Art Projects

薩摩焼《金欄手陽刻鯉文香炉》

鴻池朋子
《第2 章 巨人》2005 年

11月13日(月)~16日(木)の4日間 展示替えのため休館

▲ページのトップへもどる

 

冬期展-~めぐる季節の中で~ 日本絵画の四季展

【休館予定日】月曜日

収蔵品の中から、春夏秋冬、四季の感じられる日本絵画を展覧します。
主な出品作品は横山大観や川合玉堂、梅原龍三郎、南薫造といった巨匠の作品から、
牧進、福井爽人、 平松礼二、北田克己など現代日本画壇を代表する画家の作品約70 点。

福井爽人《風の道》1994 年

福井爽人
《風の道》1994 年

川合玉堂《渡頭の春》1954 年

川合玉堂
《渡頭の春》1954 年

速水御舟《晩秋の桜》1928 年

速水御舟
《晩秋の桜》1928 年

▲ページのトップへもどる

常設展

幕末・明治期の薩摩焼(約20点展示)

19世紀から20世紀初頭にかけて、金彩をふんだんに用いた装飾様式が好評を博し、特に海外で高い評価を得た薩摩焼。世界を風靡した、幕末・明治期の薩摩焼をご堪能いただけます。

アール・ヌーヴォーのガラス作品(約60点展示)

19世紀末、アール・ヌーヴォーの装飾様式によって花開いたガラス芸術。ガラスの新しい技法開発に寄与し、芸術的表現を追求したエミール・ガレを中心に、ドームやミュレール兄弟など、ナンシー派の作家による作品を展覧。

マイセン磁器(約80点展示)

ヨーロッパで最初の硬質磁器として誕生して以来、約300年以上の長い歴史と伝統を有するマイセン磁器。初期の東洋趣味から、華麗で優雅なロココ主義、歴史主義の作品までマイセンの歴史をたどることができます。

幕末・明治期の薩摩焼
《金襴手武者文ランプ(対)》

アール・ヌーヴォーのガラス作品
エミール・ガレ《百合文花瓶》
1900-03年

マイセン磁器
《色絵神話文双耳壺》
1861年(ロンドン万博出品)

 

▲ページのトップへもどる

来季  
冬期休館 2017年12月25日(月)~ 2018年3月下旬は冬期休館予定
 

※ 展示内容等、予定は変更になる場合がございます。

▲ページのトップへもどる